主な行事と活動

主な年間行事:子どもたちの園生活の中心はあくまでも行事のない平凡な一日の生活ですが、時に行われる行事を通して、いつもと違う頑張りや、友達と一緒に楽しむ活動を通して、年齢ふさわしい刺激が、成長を助ける良い機会となっています。

日時 内容
4月 入園式・入園おめでとう会
5月 親子遠足・こいのぼり運動会
6月 お味噌造り体験・年長お泊り保育
7月 父の日参観・夏祭り
8月
9月 祖父母参観・運動会
10月 聖テレジアのお祝い・年中年長徒歩遠足・作品展示会
11月 七五三のお祝い
12月 年少クリスマス会・年中年長クリスマス会
1月 寒太郎運動会
2月 三歳児一日入園・四歳児一日入園
3月 年長児を送る会・卒園式

※各学期ごとに参観があります。

年間を通し子どもたちの育ちを助けるために、大切にしている活動・行事

☆異年齢の子どもが関わる活動

 先ずは子どもたち自らが選んで自由にする遊びの中での交わり。そして年長と年少、年中と年少、時に未就園児親子のたんぽぽ組と意図的に関わる機会を持ち、共に楽しめる活動をします。子どもたちはこの経験を通してたくさんの楽しみを味わい、多くを学んでいます。

☆たくましい身体を作るために

・毎日の園庭での遊び、お城の公園への散歩をはじめ、日常生活の中で重い物を運んだり、走ったり、跳ん だり…簡単なことの積み重ねが大切です。

・「こいのぼり運動会」(5月)「寒太朗運動会」(1月)は秋の運動会と違って、子どもたちの毎日の遊び をそのまま取り入れ、工夫して、誰もが楽しめる競技を編み出しています。身体のいろいろな部分を使っ たり、様々な形の力くらべなど、ごく簡単な繰り返しが楽しいもの、ちょっと頭をひねる種目など、笑い の絶えない運動会です。

・その他、NPIC長野体育指導センターの先生による体育遊びも取り入れています。(年10回)

 山雅スタッフの巡回指導によるサッカーの体験(年2回程度)

☆月に2回の英語

日本語を話さない先生の楽しいレッスンを通して、人との関わりの巾を広げ、豊かにすることが目的です。

☆人の役に立つこと、人の喜びを自分の喜びとできる体験

 仲良しのお友だちの喜ぶこと、大好きな先生に喜んでもらうこと見つけるのは、子どもたちの特技です。人の役に立つことができたときの何とも言えない嬉しそうな表情は特別です。人間にとってとても大切な人生訓を子どもたちは幼いこころにしっかりと刻んでいるからでしょう。

 自分の欲求や楽しみ、喜びが満たされるだけの喜びには限界があります。人の役に立つ喜びは、人との絆を強くし、次の行動へと駆り立てます。そして、間違いなく生きる力の源となっていきます。

 日々子どもたちと関わる中で、わたしたちはその姿をたくさん見てきました。そのため、年長児は年間4~5回の老人ホームの訪問を確信をもって続けています。